気まぐれ日記はまだつづく


by kiyomixH
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

土曜日

 今のところ土曜日は、完全に廃人です。
私は自分の科では、1年生から3年生まで全クラスの授業に顔を出します。
もうそろそろどの授業でも、自己紹介やガイダンスは終わって、本格的な授業が始まりました。

 昨日、3年生の「教育心理学」にサブで入りました。
この授業は、生徒が3,4人でグループになって、順番にその時間の授業を担当します。
我々教師は、その準備に関わって相談役になったり、補足説明をしたり、質問をしたりする役割です。
                 ・・・先週、すっぽかした授業です。

 発表者の堂々たる態度にも感心したのですが、3年生の授業を受ける態度が素晴らしいこと!!
前を向いているし、指示されなくてもメモ取るし、わからないところは手を挙げて質問するし、聞かれたことに反応するし。
って私が生徒達を褒め称えたら、

      「え・・・ふつうだよね。」

そうなのそうなの!!!!「ふつう」の授業をしばらく見てなかったの~o(T∇T)o
怒鳴ったり叱ったり、反抗されたりで。
そう熱く語る(授業ほったらかし)自分に気づいて、慌てて授業の話に戻そうと、

「私は、この学園ではまだ一年生です。皆さんの方が、知っていることが沢山あるかも知れません。なので、この授業は、T先生(=メイン)はよきアドバイザー、私は、皆さんの相談役・一緒に考える役割、と、役割分担をしようと思います。ですから、何でも遠慮しないで相談してください。」

と言った矢先、

 「先生も俺らに相談しなよ!」

と、温かい言葉。
ブラボー3-B!
ビバ3-B!!

    「ありがとう!ホンッとお願い。本当に相談するから!!」

私が教卓に手をついて、興奮気味で前のめりになって叫んでいるところに、担任の先生登場。
職員室に戻り、
「3年生すごいです。やっぱり大人で、久しぶりに、あぁ、授業ってこういうんだったなぁって思いました。感動しました。」
と、伝えました。
「星野先生、目がうるうるしていましたよね。」
やっぱり。
そうですよ。
勉強したいという人と一緒に勉強したい。
そうでなければ、もっと一人ひとりと話す時間が欲しいなぁ。

 放課後の個人面談。
来週は後半に突入。
まだ知り合って日も浅いのに、打ち明け話をしてくれて涙を流してくれたりするのは、本当に嬉しいです。
もっと話すことがあると言ってくれるのも。
変な話しちゃってごめんなさいと言ってくれるのも、みんな嬉しいです。
私自身が救われる。

a0056498_16423581.jpg
画像提供:よっしーさん
@西公園(?)
 
 見頃だね~。
[PR]
by kiyomixH | 2006-04-22 16:44 | 日記