気まぐれ日記はまだつづく


by kiyomixH
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

平らな器に活ける その2

 平らな器の複数花器でした。

 テーマは、

「人と人との間で生きていくこと。
 
 色々な人の意見を聞いて、色々な人の力をかりて、
 自分が進んでいく方向や、そのバランスを決めていく。
 また自分も誰かの人生に影響を与えて、影響し合ってそれぞれの人生を描いていく。
 補い、補われている感じ。」

 です。

 ここのところ、根っこが同じようなテーマで活けているような気がします。



a0056498_22594688.jpg

あら。
これじゃ、どこまでが作品なのか、自分しかわからないですね・・・。

 テーマに関わらず、自分のクセや好きな行け方みたいなものが知らず知らずにあって、そうならないように、とか、ちょっと違うように活けてみよう、とか、考えすぎてしまうと結局何もできなかったりします。
なので、今回は、いつもと同じでも何でもいいからとりあえず思うようにやってみよう、とある種の割り切りみたいな気持ちで活けてみました。
何かを吹っ切ると、それが小さなことだったとしても、すごく自由度が増した気分になります。

a0056498_2374257.jpg

 輪が重なり合うところで、色とりどりの花を集めて。
「何で留まっているのか?」
と聞かれましたが、私にもわかりませんでした。
それぞれが支えあうとしっかり留まりました。
テーマの通り。

 最後、水の量は少し迷いました。
上に重なっている小さな器二つには、こぼれるほど水を満たし、全てを乗せた大きな器には半分くらい。
なぜそうしたのか、言葉にすることは難しいです。

a0056498_23115436.jpg

 透明な器を使うことも先生に勧めてもらいました。
水を入れるとほとんど見えなくなる。
面白い。
どうやって使おうか、考えているうちに時間切れ。
使い方とテーマが合ったとき、すごく面白いだろうなぁ、というところまでは何となくつかめました(笑)。

 春の花は特別に色がカワイイ。
[PR]
by kiyomixH | 2006-03-02 23:18 | お花遊び教室